お客様の声

S様ご家族

奥様の一目惚れでご購入!購入したお家がすごく気に入って頂いているS様の奥様からお話を伺ってきました。

マイホームをご購入されるきっかけは何でしたか
「当時、社宅に住んでいたので、会社から『家を買った方が良いのではないか』という話が出ていたんです。そんなときにちょうど、社宅の最上階に住んでいる方が、『家を出るので代わりに入ってもらえると安心出来るから』と私たちにその住戸へ入って欲しい旨のお話があったんです。間取りが住んでいた部屋と同じで、部屋数も合っていたのでちょうど良いな、と思って購入を検討し始めました。その方が依頼した不動産屋さんから話を聞くと、リフォームをするとのことで『詳細が決まったら連絡を下さい』と伝えたところ、実際に連絡が来たのは、現地販売会の直前でした。
現地販売会へ行ったところ、間取りが3LDKから2LDKに変更されていて、『この間取りではうちに合わないから住めないね』という話をしてそのときは終わりました。」
その後、当社へお問合せ頂いたんですよね
「ええ。その後すぐに、主人がネットで物件を検索してリビングライフさんに問い合わせをしていたみたいです。普段であれば、私も住所をすんなりと教えることはしていなかったと思うのですが、営業担当の伊藤さんからうちに連絡があったときは違っていたみたいですね。購入のきっかけがあったからか、タイミングというか購入の流れのようなものがあったように思います。
普段であれば、住所をすんなりと教えることはしていなかった気がします。ですが、その時は違っていたみたいですね。購入のきっかけがあったからか、タイミングというか流れのようなものがあったように思います。
気付いたら問い合わせをした次の休みには、物件を見学するということになっていましたね。主人には後から見学になった旨を伝えたので、少し驚いているようでした。」
エリアはどの辺を検討していましたか

「もう大田区に来て十年以上経つのですが、その前に住んでいた地域の物件を買うことも検討しましたが、やはり住み慣れたこの大田区で探そうと思いました。」

この物件に決められた理由は何でしたか

「以前住んでいた家と生活圏がほぼ同じということでしょうか。そして、お気に入りのスーパーが以前よりも近くなり、夕飯を食べた後に何か買い忘れがあってもすぐに買いに行けるので便利になりました。それと、通勤・通学も支障なく快適です。違う物件も検討したのですが、その物件は私と娘の職場が近すぎたので、やめることにしました。」

元々、3LDKを探していらっしゃったんですよね
「そうですね。以前住んでいた社宅が3LDKだったので、その間取りを基準に考えていました。そのときから二人の息子は同じ部屋にしようと考えていたのですが、子どもたちから『一人部屋が欲しい』と言われ、『私はリビングで寝ても良いので3LDKで探して下さい』という話をしたこともありましたね。
何件か紹介してもらった中で、伊藤さんに4LDKのこの物件を紹介してもらい、私はすごく気に入りました。おそらく、主人が考えていた予算よりも少しオーバーしていたんだろうと思います。ですが、資金計算をする際伊藤さんの上席の佐藤さんから『どの物件が気に入っていますか?』と聞かれたときに、主人をちらりと見るとなにも言う気配がなかったので、『この物件で資金計算をして下さい』と言っていましたね。」
このお家のご自慢を教えて下さい
「駐車スペースが広いことですかね。うちは、車1台・バイク1台・自転車5台が停められる家が希望だったんです。一人1台は必ず自転車が必要で、車もバイクも必要だったので、この台数を停められるこの物件を紹介してもらって良かったと思っています。探していた当時、これだけ停められるところはなかなか少なかったんじゃないでしょうか。」
リビングが電気をつけなくても、明るいですね
「窓が多くて、明るいことと、風通しが良いのも自慢ですね。特に3階の二部屋は明るく、風が通り抜けていますね。特に次男の部屋は南側に面した窓があるので、夏は暑そうです。
私が気に入っている窓はキッチンにある窓なんですが、窓を少し開けると隣のマンションの植栽の緑が見えて私の癒しとなっています。違う号棟だと、窓を開けてもすぐに隣の家の壁なので、少し得した気持ちですね。」
LDKに面した窓が南側なので、取材に伺った日は曇りだったのですが、昼間であれば明かりをつけなくても充分明るく過ごせそうでした。
担当営業の伊藤はいかがでしたか
「伊藤さんには、本当にわがままを聞いてもらっていたのに、嫌な顔ひとつせず、ニコニコしながら物件を紹介してくれましたね。伊藤さんと会う前に、伊藤さんから送られてきた資料と一緒に同封されていた伊藤さんのプロフィールが書いてある冊子をテーブルに広げ、資料の前に家族で『伊藤さんってこんな人なんだー』なんて話していました。その冊子は今でも大切に取っておいてありますよ。伊藤さんには本当に感謝しています。」
これから購入を考えている方にアドバイスをお願いします
「やっぱり物件と出合うタイミングとかそういったことは後になってからじゃないと分からないんですよね。なので、家というのは簡単に買い替えの出来るものではありませんから、自分がしっかりと納得できる物件を購入して欲しいですね。」
そして、奥様はこうも仰っていました。
「私たちは一軒家を経験したことがありますが、子どもたちは集合住宅しか経験したことがなかったんですよね。私は子どもたちにこの家から巣立って欲しいな、と思っていたんですよ。」
このことも購入のきっかけになっていたのではないでしょうか。

奥様は笑顔でこんなことも話して下さいました。
「私は出かけるときや帰ってきたときに『行ってきます』『ただいま』と言うのは、家族じゃなくて家に言ってしまうくらい、この家を気に入っているんです。毎日帰ってくるのがすごく楽しみなんですよ。」
それを聞いたときに、本当にこの物件のことを気に入ってもらえて、ご購入して下さったということがすごく伝わってきました。
家にとっても、建てられた甲斐があり、私たちのような仲介会社側にとっても、この物件を紹介した甲斐があったと思えるくらい、すごく嬉しく感じました。

担当営業から

営業担当

住宅流通事業部 伊藤 佳祐

S様にお住まいのご提案をする際に私が考えたことは、当初頂いていたご希望の“収納の多いお家”というのは勿論ですが、ご家族が5名様ということもありましたので、皆様がお家にいても家族明るく広々と快適に過ごせるようなお住まいをご提案出来たらと思いました。
ご予算との兼ね合いもありましたが、賃貸のように一時的に借りたりするものとは違い、お住まいを買うということは大体の方が一生に一度の大きな出来事だと思います。
住んでから“この家で良かった”と思って頂きたかったので、当初ご希望されていたものよりも一部屋多い4LDKの物件をご提案させて頂きました。
先日、S様のお宅にお伺いさせて頂いたときにお住まいになられている様子や風景を見て、また、奥様から『この家がとても好きです』と仰って頂けたときに、この家をご提案して本当に良かったと感動しました。
今後も何かあれば、すぐに私、伊藤佳祐までご連絡下さい。

お気軽にお問い合わせください。(スタッフ紹介ページへ)


S様のお子様たちが仲良く見えて、大人になってもこういった関係が築いていけるのがすごく羨ましく感じました。そして、明るい奥様がこのお家を守っているからこそご主人が安心して働けるのではないかと思いました。笑顔が絶えない素敵なご家族でした。
アンケートにご協力頂き、誠にありがとうございました。