川崎市中原区 土地の相場

川崎市中原区の土地の価格相場

土地の価格の公的指標である国土交通省の公示地価で川崎市中原区をみると、川崎市中原区木月住吉町の2021年は44.0万円/m2で前年比+0.3万円/m2となりました。
ここ30年ほどの不動産動向を振り返ると、1990年代のバブル崩壊以降に土地価格が下げ続けたものの、2010年に底打ちに。全国的にはまだ地価は下げ続けていますが、2012年12月の安倍政権誕生で「アベノミクス・異次元金融緩和」により投資マネーが土地に向かい価格を押し上げ、東京都などは反転上昇しています。
川崎市中原区は川崎市の中でも反転上昇が早く始まったために、直近10年での最高値と高水準にあります。台風の風評被害やコロナ禍の影響で2020年にはやや下落したものの、2021年にはコロナ以前の最高値に復調しています。
人口が増加、特に若年労働者人口が増えている地域は、土地・住宅への新規需要が発生しているため、土地の需要があり、価格がつきやすくなっています。川崎市中原区は人口増及び転入超過となっており、今後もその傾向は続くものと予想されます。

TOP