新築一戸建ての鶴見区の価格相場

新築一戸建て 鶴見区 相場

横浜市鶴見区の新築一戸建て分譲の2017年4月現在の販売平均価格は3992万円で前年比▼109万円と2年連続で下げています。
2012年12月に自民党安倍政権が誕生して「アベノミクス・異次元金融緩和」が始まり、土地価格が上昇し始めました。
それが2013年から2015年までの価格上昇の原因ですが、2015年は前年比+592万円(+15%)と大きく上がりました。
横浜市鶴見区の平均年収が564万円ですから年収倍率で7.9倍と、標準とされる年収6倍を大きく上回ってしまい、住宅ローンが組めない価格まで上がってしまいました。
そのために2016年は▼376万円下げて、2017年も▼109万円下げて4000万円割れとなり、年収倍率で7倍となんとか住宅ローンが組める範囲に戻しました。
但し、2015年は土地が平均97m2であったのが、2017年は90m2まで▼7%も小さくしています。
それに伴い建物も平均102m2から96m2まで▼6%小さくしています。
2015年と2017年の価格差が▼11%なので、実質は▼4%程度の下落となります。
しかし、現在販売中で土地100m2で建物100m2は販売平均4580万円なので、2015年よりも上げているとも言えます。


ページの上部に戻る