新築一戸建ての神奈川区の価格相場

新築一戸建て 神奈川区 相場

横浜市神奈川区の新築一戸建て分譲の2017年4月現在の販売平均は4607万円で前年比▼165万円下げて2年連続の下げとなりました。
2012年12月に自民党安倍政権が誕生して「アベノミクス・異次元金融緩和」が始まり、土地価格が上昇し始めました。
それが2013年から2015年までの価格上昇の原因ですが、2014年から2015年の上昇は+713万円(+16%)と異常なものです。
東京都内の土地価格が上昇して販売価格が高くなりすぎるために新規販売ができなくなり、横浜市での新規販売を増やす業者がでてきたためです。
ただ横浜市神奈川区の平均年収が562万円なために2015年の5018万円は年収倍率で8.9倍と住宅ローンが組めない価格帯になってしまいました。
そのため地元サラリーマン世帯が買えなくなったために2016年・2017年と価格下落したものです。
しかし、内容をみとみると、2015年の土地の平均は96m2であったのが、2017年には88m2まで▼8%小さくしています。
更に建物は103m2であったのが87m2と▼16%も小さくなっています。
2015年と2017年の価格差が▼8%なので実質は価格上昇となっています。
2017年の販売中で土地96m2以上で建物100m2以上の平均価格は5180万円であるために2015年よりも高くなっているといえます。


ページの上部に戻る