新築一戸建ての川崎区の価格相場

新築一戸建て 川崎区 相場

川崎市川崎区の新築一戸建て分譲の2017年4月現在の販売平均価格は4085万円です。
2012年12月に自民党安倍政権が誕生して「アベノミクス・異次元金融緩和」が始まり、土地価格が上昇し始めました。
そのため2013年は前年比+18万円上げて、2014年は前年比+37万円上げていて微上昇でしたが、2015年に前年比+668万円という大幅上昇になりました。
都内の土地価格が上がり、販売がしずらくなったために川崎区での新規販売を始める業者が現れたためです。
そのため3980万円以下の販売がほとんど無くなり、4180万円・4280万円での販売が半分以上と「いびつな市場」になってしまいました。
しかし、地元の人の希望価格とはかい離があるために、2016年には▼402万円と大きく下げました。
そして2017年には再び4000万円突破となりましたが2015年よりは低い価格となっています。
しかし、2015年の平均の土地は70m2であったのが2017年は62m2と▼12%も小さくなっています。
2015年と2017年の価格差は▼5%ですから、実質は上昇となっています。
そのため販売中の中心は4480万円が多くなっていて、2015年の4180万・4280万円から+200万円上げています。


ページの上部に戻る