新築一戸建ての大田区の価格相場

新築一戸建て 大田区 相場

新築一戸建て分譲の大田区の販売平均価格は2017年4月現在で5527万円です。
2013年には4872万円でしたが、2014年に5180万円と5000万円を突破して2015年には5680万円まで一年間で500万円も上がりました。
2012年12月に自民党安倍政権が誕生して「アベノミクス・異次元金融緩和」が始まり、土地価格が上昇し始めました。
それが2013年から2015年までの価格上昇の原因です。
しかし、大田区の平均年収は418万円なために、5527万円は年収倍率で13倍になってしまい、住宅ローンの目安となる年収倍率6倍の倍以上と高くなり過ぎで、一般サラリーマンファミリー世帯では買えない価格となってしまい、地元に買える人がいなくなったために上昇は抑えられました。
そのため2016年の5710万をピークに2017年は前年比▼173万円と久々の下落となっています。
ただ土地価格が下がった訳ではなく、平均土地面積が2016年の70m2から2017年は65m2まで小さくなっています。
その下落率は▼7%で、価格下落率▼3%を上回っています。となると実質は価格上昇は続いているといえます。
また大田区の中でも、京急沿線は4651万円ですが東急沿線は5881万円と価格差が大きくなっています。


ページの上部に戻る