新築一戸建ての中原区の価格相場

新築一戸建て 中原区 相場

川崎市中原区の新築一戸建て分譲の2017年4月現在の販売平均価格は4798万円です。
前年比▼147万円下げました。
2016年も下げましたので2年連続の下げとなります。
2012年12月に自民党安倍政権が誕生して「アベノミクス・異次元金融緩和」が始まり、土地価格が上昇し始めました。
そのため2013年に上昇し始めて、2015年には5219万円まで大きく上げました。
しかし、5000万円突破となると年収7倍とすると必要年収は745万円となり、一般サラリーマン世帯では買えなくなってしまいました。
そのため2016年には▼274万円下げて、2017年も▼147万円下げて、2014年の4727万円に近い価格に戻しました。
ただ、2015年の平均土地は76m2であったのが、2017年は65m2まで▼15%も下げました。
2015年から2017年の価格差が▼8%なので実質は価格上昇していると言えます。
特に建物が2015年に平均100m2であったのが、2017年には平均93m2と小さくなっています。
そのため2017年4月現在の販売中で土地75m2以上で建物100m2以上は平均販売価格5360万円と2015年より+141万円上げています。


ページの上部に戻る