社員の声

家を買ってくれるなら、
他社の物件でもかまいません。

株式会社リビングライフ
ディベロップメント事業部
鍛治原 雪斗 Kiyoto Kajihara
2013年入社
関東学院大学 法学部 法学科卒

入社理由

リビングライフでいちばんお客さま思いなのは、社長です。

最初に志望していたのは介護業界だったのですが、たまたま介護事業と不動産業を兼業している会社の説明会に参加することがあり、そこで不動産の歩合の高さや人の一生に関われる醍醐味に興味を持ちました。不動産業界にも視野を広げて会社を探す中、出会ったのがリビングライフ。魅力だと思ったのは、不動産に関わる事業を1社で行っていたことです。入社の決め手となったのは社長の人柄ですね。内定後の懇親会で「家は持つべき」と語っていたのが印象的でした。他社は「契約を1本取るといくら」などお金の話が中心だったので……。仕事やお客さまに対する真摯な姿勢が伝わってきて、この会社で働きたいと思いました。

現在の仕事

自社物件を扱っているからこそ、できる提案がある。

入社後は大規模分譲で1年、新築マンションで2年、リノベーションマンションで3ヵ月と、数年であらゆるタイプの物件を経験。現在は大規模分譲であるサンクタスカーサ横須賀を担当しています。物件によって紹介の仕方もさまざま。高額物件の場合は、お客さまも見る目が肥えているので物件の魅力をいかにして伝えるかが重要です。逆に賃貸から持ち家への住み替えは予算重視。背中を押してあげる営業が求められます。自社物件の魅力は何と言っても物件をカスタマイズできること。リノベーション物件であれば、引渡し前に好みのリフォームを施すことだって可能です。また、近隣にどんな人が住んでいるかを事前伝えられるのも、自社物件ならでは。安心して将来の住まいについてご検討いただけます。

思い出に残った出来事

「他社物件を買う」でもいい。家を持つよろこびを、知ってほしい。

入社して初めて携わった物件のときに出会ったお客さま。「家を買うことに興味はあるけど、借り入れがあるから……」となかば諦め気味だったのですが詳しく話を聞くと、諦めるのはまだ早い。そこで一度、物件を見てもらうことに。物件も気に入り、お客さまも前向きに検討してくれていたのですが、通勤が不便だという点がネックとなり、契約には至りませんでした。それから1年後です。「他社の物件だけど家を買うことに決めた」と連絡が入ったのは。「あなたと出会わなかったら諦めていた。ありがとう!」不動産屋として何かしらの力になれた気がしてうれしかったですね。他社の物件でもいいんです。なぜなら、「家は持つべきだ」と、私も心から思っているから。

会社の好きなところ

社員が発信したことをしっかり受けとめてくれる会社です。

例えば、いま携わっている物件。以前は階段に植栽が並んでいたのですが、それだと手すりが使えない。お客さまにとって不便だと思い「どかしましょう」と提案したところ、採用してもらえました(植栽はけっこうな値段がしたのですが)。また当社には『社員ミーティング』という、若手中心で意見を出しあう制度があります。そこで営業の評価方法を変えてほしいという話をしたところ、それも変えてくれました。さらに、これは私の発案ではないのですが、私たちの事業部にはいくつかの現場があり、同じ部署でも顔を合わせない社員がいます。そこで「懇親会を開いてほしい」と提案した人がいたんです。すると会社がお金を出してくれて、月に1度、飲み会を行うことに。そんな社員1人ひとりと真剣に向き合ってくれるところが、私は好きです。

今後のこと

数字は目標ではない。数字は結果です。

目標はチームを持つことです。数字第一ではなく、お客さまの良き相談者になることから始められる集団。お客さま目線でスタートできるチームをつくっていきたいですね。「家を買ってくれるなら、他社でも構わない」その思いは今も変わりません。物件への自信があってのことですが、そもそも無理に売ってもお客さまは離れていくだけ。逆に「家を買うこと」を中心に考え、お客さまのベストを追求できれば、結果はついてくる。これは経験から学んだことです。私自身、昔は自社物件だけを勧めていましたが、思うような結果はでませんでした。そういったことも後輩たちに伝えていきたいですね。

1日のスケジュール

9:30
出社。メール確認、事務所清掃。

10:00
朝礼後、現場確認と現場の清掃。
約4万4000平米の大型な街を担当しておりますので、ゴミ拾いもひと苦労です。

10:30
近隣物件の調査、把握。競合物件となるので、しっかり分析します。

12:00
昼食。

13:00
チームミーティング。現状のお客さまの状況報告やご案内の打ち合わせを行ないます。
その後、上司をお客さま役に見立ててのロールプレイング。営業スキルを鍛えます。

14:00
担当しているお客さまへのご連絡、ご案内の準備、近隣物件の内覧など。

15:00
訪問営業。賃貸アパートに訪問して物件をご案内します。まずは、お住まいを持つ素晴らしさをお伝えします。

19:00
お問い合わせいただいたお客さまへのご連絡。物件の詳細情報をメールでお送りしたり、訪問したお客さまへの御礼のお手紙と資料作成をします。
その後、終礼と本日得た情報や考えをスタッフ間で共有し締めの作業を行なって退社。

売買仲介営業

売買仲介営業

販売営業

販売営業

用地開発営業

用地開発営業

賃貸仲介営業

賃貸仲介営業

コインパーキング用地開発営業

コインパーキング用地開発営業

施工管理

施工管理

pagetop