社員の声

建てた家の面倒も、
しっかり見てあげられる環境。

株式会社東横建設
建設事業部 設計監理課
小川 直城 Naoki Ogawa
2014年中途入社
国士舘大学 理工学部 理工学科 建築学系卒

入社理由

諦めきれなかった、現場監督への想い。

新卒の就職活動では、営業職をやるか現場監督をやるかで悩んでいました。選んだ答えは、リフォーム会社の営業職。ですが働くうちに「現場に出て、監督の仕事がしたい!」という思いが強くなり、思い切って転職を決意。転職サイトで探す中、リビングライフの募集を見つけ「未経験から学べます」と書いてあったので、面接を希望しました。もともと建築をする上で自由度の高い『木造住宅』に興味があったので、まさにぴったりの環境だと思いました。また戸建はお客さまと関わる機会も多いので、そういった点も入社の決め手となりました。

現在の仕事

携わった案件すべてが、いい思い出です。

株式会社東横建設、および株式会社リビングライフ ディベロップメント事業部が取り扱う建売物件の建築現場において、作業が安全かつスムーズに進むよう、工程・品質・安全面の管理を行うのが私の仕事です。現場監督や職人たちへのマネジメント・調整、そのほかお客さまや近隣住民への対応を行うなど、現場全体を統括する立場です。現在8現場を担当しており、1日2・3現場を回っています。この仕事は建てて終わりではなく、アフターフォローを通じてお客さまと長くお付き合いできることも魅力。和室を洋間にリフォームしたい、追加で介護用の手すりを付けてほしいなど、自分が携わった物件に住んでいる人の、その後の様子が見られるのがうれしいです。

思い出に残った出来事

トラブルを乗り越える度に、確実に成長している自分がいる。

現場管理にはイレギュラーがつきものです。たとえば細かい寸法が設計図に記載されていないといったものから寸法の微妙な間違い、天候悪化によるスケジュールのズレ……。こういったトラブルが起きたときに、いままでの経験を活かして解決まで導けた時はうれしいですね。つい最近は「図面通りにやると電気の配線を通せない」というトラブルが発生。すぐに自社の設計士に修正してもらい、現場に連絡。ロスを最小限に抑えることができました。大変ですが、辞めたいと思ったことはありません。やりがいもありますし、いろんなことが起きるので飽きないですよ(笑)。

会社の好きなところ

社員1人ひとりに寄り添う教育体制が魅力です。

現在、現場管理は4名体制。ベテランの先輩や上司を見ていると、お客さま対応から言葉の使い方、建築の知識の幅がやはり全然ちがいます。そこはしっかり吸収していきたいですね。他部署の方でもわからないことを質問すれば、わかりやすく丁寧に教えていただけます。疑問に思ったことをそのままにすることなく、その場で解消できるので、スピード感を持って成長することが可能。未経験者が安心して成長できる環境とは、まさに当社のことだと思います。読んで覚えるというよりは、現場経験を積んで覚える、この仕事。ひとつでも多くの現場を経験して、早く先輩たちのようになりたいです。

今後のこと

自分を磨ける環境でもあり、輝かせてくれる環境でもある。

近いところの目標はやはり、自身の成長。これに尽きます。今後は日々の仕事を大切にしながら資格取得を目指し、プロフェッショナルとして建築に携わっていきたいですね。その第一弾としていま勉強しているのが、宅地建物取引士の資格。最初から難易度高めのものを選んでしまいました(笑)。この資格は直接いまの業務に関係することではないのですが、自分のために取ろうかなと。あとはもっと現場に出て、知識と経験を身につけること。自分が先輩にしてもらったように、これから入ってくる人をしっかりサポートしてあげたいです。私もがんばります。一緒にがんばっていきましょう。

1日のスケジュール

8:45
出社。1日のスケジュールやメールの確認。

9:00
朝礼。ラジオ体操をして1日の予定を発表。

9:30
各現場の打合せや進捗状況の確認をして現場へ。

12:00
外出先付近で昼食。

13:00
各現場をまわる。現場では電話で業者と連絡を取ったりします。

16:30 帰社。発注やその日にあった問題を設計担当者と打合せなどを行いながら解決していく。その後、社内資料の作成や会議などを行い、退社。

売買仲介営業

売買仲介営業

販売営業

販売営業

用地開発営業

用地開発営業

賃貸仲介営業

賃貸仲介営業

コインパーキング用地開発営業

コインパーキング用地開発営業

施工管理

施工管理

pagetop