グループ力・土地活用

お客さまにとっての最適な将来設計を、
グループ全体で考える。

登場人物

内田 貞治
内田 貞治
(株)リビングライフ
パーキング事業本部
営業部 次長
槻木澤 高志
槻木澤 高志
(株)東横建設
住宅事業部
次長

まずは東横建設とリビングライフ パーキング事業本部、
それぞれの役割を教えてください。

槻木澤 高志
東横建設は木造一戸建ての用地開発・設計・施工・分譲販売する専門のグループ会社です。その中で私たち営業が行なっているのが事業の入り口部分にあたる用地仕入れ。仲介業者さまから戸建て用地に関する情報を取得し、事業として成り立つか社内で検証して、実際に土地を仕入れます。
内田 貞治
リビングライフ パーキング事業本部では、土地を買うのではなく「借りる」という立場で、土地活用としてのコインパーキングのご提案・運営を行なっています。工事や保守管理も一貫して行なっていますが、土地の所有者さまや管理する仲介業者さまに対して、コインパーキングによる土地活用をご提案し、用地をお借りする契約まで導くのが営業の主な仕事です。
槻木澤 高志
出来あがるものが全く違うので仕事も違うように思われるかもしれませんが、取得するものが『戸建て用地』か『駐車場用地』か、というだけで、実は我々営業がやっていることは一緒なんですよ。
内田 貞治
営業先も同じ、ということもあるので、我々が訪問したら「東横建設さんにもお世話になっています」なんてこともよくあります。何度か東横建設から土地を紹介してもらったこともありますよね。
槻木澤 高志
私たちは仲介業者さまから土地の情報を頂いていますが、なかには戸建てに向かない土地もあるんです。例えば以前あったケースでは、最初は「戸建て用地でどうか?」と相談されたのですが、敷地面積が14坪と狭く、形状も三角形と特殊で。査定金額も提示していたのですが、戸建て用地としては売主さまに納得してもらえる金額で購入することができなかったんです。そしてそれは他社でも同じ。だったらこのまま所有しましょう、と。
内田 貞治
ただ、土地というのは所有しているだけで固定資産税を支払わなくてはいけないでしょ。
槻木澤 高志
そうなんです。そこで、パーキング事業本部に相談してみようということになりました。車2台分のコインパーキングが作れれば、支払う固定資産税の金額プラスアルファの収入が期待できるんじゃないかと。しばらくそれで様子を見ながら、将来的に土地の値段が上がった段階で売却するのはいかがでしょう? と提案させてもらいました。
内田 貞治
コインパーキングなら、車が停められるスペースがあれば土地が三角形でも関係ないですからね。私たちは一時的にその土地を借りているだけだから「いつでも始められて、いつでもやめられる」というのもコインパーキングのいいところ。その現場は今もありますよ。売上もかなり安定していて、オーナーさまも非常に満足されています。だからできれば売却せずに長く運用して欲しいなぁ(笑)
槻木澤 高志
もちろんです(笑)

戸建てと駐車場。それぞれを仕入れる会社が
おなじグループであることのメリットとは。

内田 貞治
戸建ての事業は、土地を買ったらすぐに施工・販売しなければいけないけれど、パーキングは長期的に土地を利用する事業。例えば今回のケースのように、東横建設の提案に対して「今は売却しない」と結論が出ても、コインパーキングの方で土地活用しておくことができれば、将来的にいざ売却となってもスムーズにまた東横建設の戸建て事業に移行することができます。
槻木澤 高志
パーキングに関わらず、マンション用地の方がいいんじゃないかと思えば、マンションを扱う部署へつなげることもできます。売主さまにとって、いちばん資産形成がしやすい形で提案できるというのはいいですよね。
内田 貞治
ほとんどのことはグループ内で出来ちゃいますからね。
槻木澤 高志
あと、これは非常にありがたいことなのですが、パーキング事業の方で何年にもわたって土地を借りているケースだと、オーナーさまとの関係性も深まって信頼関係ができているので、所有する土地の売却の情報をタイムリーに知ることができる。これはかなりのメリットだなと。
内田 貞治
「グループ会社で戸建て用地として買い取りをする部署があります」という話を前もって言っておくと、相談をいただきやすいですね。グループなので紹介もスムーズですし、オーナーさまも売却の相談に対するハードルがかなり低くなります。この際、一緒に訪問に行っちゃった方が早いかもしれませんね(笑)。
槻木澤 高志
たしかに(笑)。

どういったところが、
お客さまに喜ばれているのでしょうか。

槻木澤 高志
たとえばひとつの土地を一部売却して一部運用しようと思ったら、私たちのようにさまざまな事業をやっていないと、売却先の会社と運用する会社、複数の会社が入ってくることになります。そうなると、どこまで売却してどこまで運用するかといった範囲の取り決めなど、オーナーさまと3者間での調整がいろいろと難しくなるんです。
内田 貞治
たしかに、それはかなり面倒くさい。
槻木澤 高志
だから同じグループ内でまとめて話をできるのは、こちらとしても純粋にやりやすいし、お客さまからしても対応が早いと喜ばれます。あまりに複雑になりすぎて「やっぱり、やめとこうかな」と考えてしまう方も少なくありませんから。内田さんはどうですか?
内田 貞治
うちは特にオーナーさまとの距離が近いので、現場の清掃はもちろん、雪が降ったら雪かきに行ったり、ラインが消えていたら引き直したり。機械を使っていることもあって汚れたり錆びたりするので、メンテナンスにはかなり気を使っています。
槻木澤 高志
やはり「オーナーさまから土地をお借りしている」という部分が大きいんですかね。
内田 貞治
そうですね。そういったときにしっかり対応しないと「契約して終わりかよ」と思われてしまいますから。そこで感謝されていることも多いので、いい関係が築けているのかなと。
槻木澤 高志
長い方だと、何年くらいのお付き合いになるんですか?
内田 貞治
パーキング事業が始まってまだ15年くらいなのですが、部署ができたばかりのときからお付き合いいただいている方もいるので、15年ですね。本当に、ありがたいことです。そういったオーナーさまを一人でも多く増やしていくことが、今後の目標です。
槻木澤 高志
私と内田さんのところは、グループ内でも特に連携しながら事業規模を拡大できる事業部だと思っているので、今後も協力しながら頑張っていけたら嬉しいです。
内田 貞治
ぜひ、よろしくお願いします(笑)
pagetop