会社情報

人と街をつなぐ、住まいのトータルアドバイザー

メディア掲載情報

Media listing information

弊社をご取材していただいたメディアを掲載しております。
画像をクリックすると大きいサイズで表示します。
取材のご依頼に関しましては、弊社までご連絡の程、宜しくお願い申しあげます。

メディア掲載速報はインスタグラムでも発信しています。

コーポレート

リビングライフグループのプレスリリースやメディア掲載情報を発信しています。
詳しくはこちら

「おおた健康経営事業所 令和4年度 募集案内」でリビングライフが掲載されました

「おおた健康経営事業所 令和4年度 募集案内」でリビングライフが掲載されました

2022/06/17

大田区が発行する「おおた健康経営事業所 令和4年度 募集案内」の認定事業者の声で、リビングライフが紹介されました。

野村證券のサイト「EL BORDE(エル・ボルデ)」に弊社取締役本部長 田村のインタビュー記事が掲載されました。

野村證券のサイト「EL BORDE(エル・ボルデ)」に弊社取締役本部長 田村のインタビュー記事が掲載されました。

2022/04/22

住宅流通事業部 田村本部長のインタビュー記事が、野村證券の運営するサイト「EL BORDE(エル・ボルデ)」に掲載されました。写真はオンラインインタビューの様子です。

『タウンニュース多摩区版』3月25日号に「クジライフプロジェクト」の「クジヴィレッジ」完成の記事が掲載されました。

『タウンニュース多摩区版』3月25日号に「クジライフプロジェクト」の「クジヴィレッジ」完成の記事が掲載されました。

2022/03/25

リビングライフが、川崎市多摩区に分譲する「クジライフプロジェクト」の共用施設「クジヴィレッジ」が誕生、3月19日から3日間にわたり予約制で一般開放され、地域住民が参加しました。長尾台住宅自治会の会長・浅沼由希さんは「長尾台全体が明るくなった。活気あふれる街になることをうれしく思う」とコメント。

『週刊住宅』3月21日号に「クジライフプロジェクト」の「クジヴィレッジ」完成の記事が掲載されました。

『週刊住宅』3月21日号に「クジライフプロジェクト」の「クジヴィレッジ」完成の記事が掲載されました。

2022/03/23

リビングライフが「クジライフプロジェクト」の住民専用の共用設備「クジヴィレッジ」の完成を発表したという記事が、『週刊住宅』3月21日号に掲載されました。「クジヴィレッジ」はアスレチックとテラスの設備ですが、クジライフプロジェクトには他にもキッズスペース、防災備蓄庫、災害共助SNS、傘シェア、冷蔵対応受け取りボックスなど多彩な設備・サービスがあります。

『北日本新聞』にリビングライフ代表炭谷から富山県へ寄付をした記事が掲載されました。

『北日本新聞』にリビングライフ代表炭谷から富山県へ寄付をした記事が掲載されました。

2022/03/18

富山県出身の当社代表炭谷から富山県にSDGs企業版ふるさと納税制度を使って富山県に寄付をした記事が『北日本新聞』に掲載されました。
リビングライフは、SDGsを進める施策に役立ててもらうため、企業版ふるさと納税制度を使って富山県に寄付をしました。新田富山県知事からは感謝状が贈られ、富山湾の魅力アップに向け、水質保全に生かす考えが示されました。

『広報いみず』3月号 射水市への寄付者に炭谷が掲載されました。

『広報いみず』3月号 射水市への寄付者に炭谷が掲載されました。

2022/03/14

射水市の広報誌『広報いみず』令和4年3月号に、射水市への寄付者として弊社代表の炭谷が掲載されました。

東京海上日動あんしん生命の情報サイト「マネコミ!」に掲載

東京海上日動あんしん生命の情報サイト「マネコミ!」に掲載

2022/02/17

リビングライフの横浜エリアマネージャー池上が監修した記事が東京海上日動あんしん生命の情報サイト「マネコミ!」に掲載されました。

「マネコミ!」はみんなの&quotお金&quotのギモンを各種専門家が解決する情報サイトです。
池上はマンションの修繕積立金に関する記事を監修しています。ぜひご覧ください。

https://manekomi.tmn-anshin.co.jp/kakei/17517708

リビングライフから射水市への寄付金受贈式の様子が『北日本新聞』に掲載されました。

リビングライフから射水市への寄付金受贈式の様子が『北日本新聞』に掲載されました。

2022/01/27

リビングライフから射水市への寄付金の受贈式が行われ『北日本新聞』に掲載されました。
受贈式では、富山県射水市出身でリビングライフ代表の炭谷が、射水市役所を訪ね寄付金の目録を夏野元志市長に手渡し、続いて、市長から炭谷に感謝状が贈呈されました。
「射水市の若い世代のために使ってほしい」という炭谷の想いから、寄付金は5月にオープンするフットボールセンターの整備に役立てていただくことになりました。