会社情報

人と街をつなぐ、住まいのトータルアドバイザー

メディア掲載情報

Media listing information

弊社をご取材していただいたメディアを掲載しております。
画像をクリックすると大きいサイズで表示します。
取材のご依頼に関しましては、弊社までご連絡の程、宜しくお願い申しあげます。

『週刊住宅4/12号』に住宅リースバック参入の記事が掲載されました。

『週刊住宅4/12号』に住宅リースバック参入の記事が掲載されました。

2021/04/15

『週刊住宅』にリビングライフのリースバックの記事が掲載されました。
リビングライフは4月よりリースバックサービス「売っても住める」を開始しました。
リビングライフのリースバックの特徴はホームセキュリティ、見守り、ハウスクリーニングの中からひとつを無料でサービス提供することです。ご契約者様が、売却後も安心してお住まいいただけるサービスとなっています。

『住宅新報4/13号』にリビングライフのリースバックの記事が掲載されました。

『住宅新報4/13号』にリビングライフのリースバックの記事が掲載されました。

2021/04/15

『住宅新報』にリビングライフのリースバックの記事が掲載されました。
リビングライフは4月よりリースバックサービス「売っても住める」を開始しました。
リースバックとは、自宅などの不動産を売却と同時に賃借することでそのまま住み続けることができるのが魅力のサービスです。住み慣れた自宅で生活しつつ、まとまった資金を調達することが出来ます。
今は引越しできないが、資金が必要という方に便利なサービスとなっています。

『週刊住宅4/12号』に傘シェアサービス導入の記事が掲載されました。

『週刊住宅4/12号』に傘シェアサービス導入の記事が掲載されました。

2021/04/15

『週刊住宅』に傘シェアサービス導入の記事が掲載されました。

リビングライフは、分譲する新築マンション「ライフレビュー川崎グランヒル」にNatureInnovationGroup(東京都渋谷区)が提供する傘のシェアサービス「アイカサ」を導入しました。
リビングライフは、これにより、居住者様の利便性の向上だけでなく、ビニール傘の使い捨てを減らすことによる環境対策にもつなげてまいります。

分譲する全マンションに災害共助SNSを導入の記事が「住宅新報4/6号」に掲載されました。

分譲する全マンションに災害共助SNSを導入の記事が「住宅新報4/6号」に掲載されました。

2021/04/06

分譲する全マンションに災害共助SNSを導入の記事が「住宅新報」に掲載されました。
このたびリビングライフは、災害時にマンションの居住者様同士で被害状況などを共有できる災害共助SNS「ゆいぽた」を「ライフレビュー川崎久地グランヒル」に導入いたしました。リビングライフでは、今後当社で分譲するすべてのマンションに同サービスを導入予定です。
同サービスでは、平時に防災マニュアルなどの閲覧も可能です。当社は、これにより災害時だけでなく、平時から居住者様同士のコミュニティ意識、防災意識を向上に貢献していきたいと考えております。

分譲マンションに災害共助SNS「ゆいぽた」を導入の記事が「週刊住宅3/29号」に掲載されました

分譲マンションに災害共助SNS「ゆいぽた」を導入の記事が「週刊住宅3/29号」に掲載されました

2021/03/30

「週刊住宅」3月29日号に掲載されました。リビングライフは今後販売するすべての分譲マンションに災害共助SNS「ゆいぽた」を導入します。初弾は「ライフレビュー久地グランヒル」。
「ゆいぽた」は災害発生から復旧までに、地域やマンションの居住者同士が、安否状況・被害状況・復旧状況等の情報を共有することで、「自助」と「共助」を支援するWebサービスです。平時においても、「居住者向けバーチャル防災訓練」を活用することなどによって、日頃から防災意識を高めることができます。
リビングライフは、災害時の従業員間の安否確認システム「安否ネット」を社内にも導入しました。
リビングライフでは、今後も居住者様にとって、また従業員にとっても安心な暮らしを支えると共に、災害に強いコミュニティづくりに寄与して参ります。

『住宅新報 3/2号』でご契約者様向けの「オンライン確定申告講座」が紹介されました。

『住宅新報 3/2号』でご契約者様向けの「オンライン確定申告講座」が紹介されました。

2021/03/06

【メディア掲載】
リビングライフがご契約者様向けに確定申告をサポートするページを開設した記事が「住宅新報3/2号」に掲載されました。
リビングライフは毎年、ご契約者様向けのアフターサービスとして「確定申告講座」をセミナー形式で開催していますが、今年は新型コロナウイルス感染防止のためセミナー形式を断念せざるを得ない状況となってしまいました。
しかし、毎年講座を行い、それぞれに異なる事情をお持ちのお客様からさまざまな質問や疑問を受けている側として、何とかご契約者様に寄り添うアフターサービスを提供できる方法はないかと、考えたのがPDFと動画を使ったオンライン配信です。税理士に講師を依頼し、確定申告の初心者の方にもわかりやすく確定申告の方法を解説しています。マイナンバーカードを持っていない方や手続きが複雑な贈与を受けた方にも対応した内容とし、ネット環境があれば誰もが簡単に住宅ローン控除を受けるための確定申告ができるよう配慮しました。
リビングライフは、ご契約後も末永くお付き合いをしていただくために、これからもご契約者様のアフターサービスを充実してまいります。

『住宅新報 2/16号』でご契約者様向けの「引越しワンストップサービス」が紹介されました。

『住宅新報 2/16号』でご契約者様向けの「引越しワンストップサービス」が紹介されました。

2021/02/20

【引っ越しサービスをワンストップで】
リビングライフがご契約者様向けに提供を開始した「引越しワンストップサービス」が、2月16日号の『住宅新報』に掲載されました。引越しワンストップサービスは、電気・ガス・水道・インターネット回線などのライフラインの閉栓・開栓手続きをワンストップで対応し、さらにコスト削減の提案を受けることができるというものです。これを使えば、リビングライフのご契約者様なら、賃貸の方でも、売買の方でも、もっとお手軽に、もっとお得に、お引越しできるようになります。
リビングライフは、ご契約後も末永くお付き合いをしていただくために、ご契約者様のアフターサービスを充実してまいります。

『住宅新報 2/2号』で「リリファ川崎ブライトクロス」が紹介されました。

『住宅新報 2/2号』で「リリファ川崎ブライトクロス」が紹介されました。

2021/02/05

一般社団法人全国住宅産業協会が実施する「第10回優良事業表彰」において、リノベーション部門賞を受賞した「リリファ川崎ブライトクロス」が、2月2日号の『住宅新報』に掲載されました。

一般社団法人全国住宅産業協会は、中堅企業を中心に上場企業も含む全国1,700社が加盟する団体で、毎年、事業及び企画・開発において優良なプロジェクト表彰する「優良事業賞」を開催しています。
第10回目となる今回は16プロジェクトが表彰されました。

「リリファ川崎ブライトクロス」は社宅をフルスケルトンで改修した総戸数51戸の一棟丸ごとリノベーションマンションです。

・一部屋だけのリノベーションと違い、普通では修繕できない給排水管の更新に加え、遮音性や省エネルギー性までをも高めることで、通常では適合が難しい「住宅金融支援機構の「【フラット35】リノベ」に適合するようバリューアップを施したこと
・通常は手間や費用がかかるため、施工を一社に依頼する会社が多いところ、個性の異なる三社に発注し、お客様の多様なニーズに応えたこと
・そのうえで販売価格を周辺の新築と中古の中間に抑え、お客様のニーズにマッチしていたこと
・JR南武線「矢向」駅徒歩19分と難しい立地であったが、歩留まり28%、販売期間10か月で完売したこと
などが評価されました。

今後もお客様に喜んでいただける物件づくりに精進してまいります。