ライフレビュー新百合ヶ丘新築マンション

ライフレビュー新百合ヶ丘新築マンション|小田急小田原線「新百合ケ丘」駅徒歩13分

小田急線

小田急線複々線化で変わる小田急沿線

上下線2線ずつ計4線にする複々線が完成し、2018年3月改正の新しいダイヤによって、
特に朝のラッシュ時における所要時間の短縮や混雑率の緩和が実現したほか、利便性も向上しました。

列車増発による混雑の緩和

ラッシュピーク時の運転本数を、これまでの1時間あたり27本から36本に増やし、混雑緩和が実現しました。

※平日朝の上り方向、下北沢着8:00前後1時間

平均混雑率の推移グラフラッシュピーク時の混雑率の変化

スピーディーな運行で所要時間が短縮

線路の本数が倍になりノロノロ運転が解消されたことに加え、ラッシュ時の快速急行や通勤急行の運転によって所要時間がグッと短縮しました。

新百合ヶ丘から新宿までの所要時間比較

都心へのダイレクトアクセスが増加

朝の通勤時間帯における、表参道、霞ヶ関、大手町方面に向かう乗り換え不要の東京メトロ千代田線直通列車を、これまでの12本から30本に増やし一層便利になりました。

※平日朝の上り方向、代々木上原着 6:00〜9:30

着席通勤の機会が増加

朝の通勤時間帯※における、途中駅からの始発列車が増加したほか、通勤特急ロマンスカー「モーニングウェイ号」新宿行きと 「メトロモーニングウェイ号」東京メトロ千代田線方面行きを増発したことで、着席機会が増えました。

※平日朝の上り方向、代々木上原着 6:00〜9:30


※掲載の情報は、小田急ホームページ「BRAND NEWODAKYU」「鉄道部門:輸送力の増強(複々線化事業)」より抜粋。2018年9月10日現在の情報です。