横須賀市の新築一戸建て|美しい街の大型分譲

サンクタスカーサ横須賀ヒルズ
  • サンクタスカーサ横須賀ヒルズ 資料請求
  • サンクタスカーサ横須賀ヒルズ 来場予約
  • サンクタスカーサ横須賀ヒルズ 案内図
  • サンクタスカーサ横須賀ヒルズ 物件概要

コラム一覧

  • トップ
  • >コラム
  • 家族でも住みやすい!横須賀市の子育て環境とは?

家族でも住みやすい!横須賀市の子育て環境とは?

家族でも住みやすい!横須賀市の子育て環境とは?

前回は、横須賀市のアクセスや自然環境といった魅力をご紹介しました。
実は横須賀は、神奈川県の中でも子育て環境が特に充実している自治体なんです。

今回は、横須賀市の子育て環境についてご紹介します。

待機児童ゼロを目指して

都市部を中心に、幼稚園や保育園に入園できない「待機児童」は増加しています。
国では「0歳児3人あたり保育士1人」といった基準を設けていますが、横須賀では「0歳児2.57人あたり保育士1人」という具合に、国の基準よりも多くの保育士を設置。
より子どもたち1人1人に目が届く環境が整えられています。

0人にはなりませんでしたが、2014年の待機児童数は24人と、着実に成果を挙げています。

全国でも珍しい子ども図書館

「横須賀市立児童図書館」は県下唯一、全国でも珍しい子どものための図書館です。
児童書約54000冊に加え、紙芝居やわらべ歌のコーナーなども充実しています。

館内にある「絵本のへや」は特に人気のスポットです。
靴を脱いで足を伸ばせるカーペットスペースで、親子でものびのびと読書を楽しめます。

知識の宝庫である図書館に親しむことで、子どもたちの豊かな心が育つことでしょう。

英語教育にも力を入れる横須賀

横須賀グルメを楽しもう

市内の小中学校全てに空調設備が完備、希望者向けの放課後や土曜授業授業も設けられているなど教育に関する取り組みはさかんです。
また、海軍基地があり、アメリカが身近な横須賀は英語教育も充実しています。

市立小中学校全てにネイティブスピーカーの職員が配置され、小さなころから英語に触れられる環境があります。
2015年より横須賀市民限定で海軍基地内のメリーランド州立大学に留学できるプログラムも制定。
自宅からアメリカへの国内留学を目指すことも可能です。

医療も充実

子どもは免疫も弱く、体調を崩すことも多いため、親御さんにとって医療環境も重要なポイントかと思います。
2014年にできたばかりの「横須賀市救急医療センター」では、夜間や休日も含めた365日体制で軽症患者の処置を行います。
年間約36000人の受診枠に対して、15000人分が小児科に割り当てられ、子どもの急な発熱やちょっとしたケガがあったときも安心です。
市では小学6年生までの医療費用は無料、中学生も入院費用の助成が受けられます。

学校や図書館、病院といった施設も充実している横須賀市。
豊かな自然とこれらの環境がそろった横須賀なら、子どもたちものびのびと暮らすことができるでしょう。

都心から少し離れた場所で子育てをしたいなら、おすすめの街といえます。

ページTOP