リリファ横浜ヒルズはJR東海道線「横浜」駅徒歩7分のリノベーションマンション|安心・安全

物件概要


安全・安心のセキュリティが快適な暮らしをサポート

玄関扉にはダブルロックをはじめ、高い防犯性を備えた仕様にしました。共用部に設置された防犯カメラは、非常時対応に役立ちます。
TVモニター付オートロックシステムにより音声だけでなく姿や顔を確認してからエントランスの解錠を行うことができるので、不審者の侵入はもちろん、迷惑な訪問者防止にも配慮した質の高い防犯性を備えています。

オートロックシステムエントランスと各住戸の玄関で、来訪者を二重にチェックします。
共用部で異常が発生した場合、自動的にALSOKコントロールセンターに通報され、隊員が駆け付けます。
玄関ドアの2ヵ所にキーを設置する「ダブルロック」で防犯性を高めます。 空き巣にとっては、解錠に時間がかかるダブルロックのマンションは侵入するのが困難でピッキング対策として、非常に有効です。
住戸内には、非常通報などのセキュリティ機能を備えたカラーモニター付インターホンを設置します。
共用部の各所に設置された防犯カメラの映像を映し出すセキュリティ液晶モニターをエントランスに設置。敷地内の防犯性を高めます。
鍵の複製が困難で耐ピッキング性能に優れたディンプルキー。リバーシブルで使えるので、スムーズに鍵の開閉ができます。
暮らしを見守る防犯カメラを設置。画像は録画され、一定期間保存されます。
 

地下2層からなる屋内駐車場は、入口2ヶ所それぞれにシャッターゲートが設置されています。 防犯性に優れ、大切な愛車を守ります。


※掲載の居室写真はモデルルーム(Bタイプ)を撮影したものです。使用する設備機器の製品は予告なく変更される場合があります。その場合は同等品を使用しますので予めご了承下さい。※家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。 ※一部オプションを含みます。詳しくは係員にお尋ね下さい



万が一の際にも安心。防災備蓄庫『まもりBOX』は、災害時にも自立したコミュニティが形成できるよう、各家庭では備蓄困難な大型テント、投光器などの大型防災備品をご用意しています。




リノベーション前は管理室のないエントランスホールでしたが、管理事務室を新設いたしました。より安心して生活していただけます。


エントランスには便利な宅配ボックスを設置しました。
ご不在時に宅配物の受取が可能です。


電動アシスト付自転車3台によるシェアサイクル(使用料無料)を採用。近隣への外出にご利用いただけます。



敷地内に96台分の自転車置場を新設。
屋根付きなので安心です。



より安全・安心な住まいを提供するため「リリファシリーズ」では自社だけなく第三者機関による徹底した調査・検査を行います。補修箇所を見極め建物の安全性を高めていく品質保証も「リリファ」のこだわりなのです。



建物コンクリート内の鉄筋が設計図書通りの配置であるか、かぶり厚さが建築基準法を満たしているかを検査し、構造安全性を調べます。




排水管に高圧洗浄を施した上で、給水管・排水管のファイバーカメラによる調査を行い、付け替え実施を判断します。


既存の配線でインターネット・TV対応が可能かどうかを調査します。




対象住宅が、隠れた瑕疵に起因して、基本的な構造耐力性能や防水性能を満たさない場合、瑕疵担保責任または保証責任を実行することによって生じる損害について保険金が支払われます。
「既存住宅売買かし保険」に加入するためには、住宅の基本的な性能について専門の建築士等による検査に合格することが必要です。既存住宅の購入をお考えの方にとって、「安全・安心」が確認された住宅を購入することが可能となるのです。






既存住宅性能表示制度は、良質な住宅を安心して取得できるよう制定された法律、「住宅品質確保法」に基づく制度です。第三者機関により、既存建物の状態を客観的に評価する制度で、国土交通大臣が登録した、第三者機関である「登録住宅性能評価機関」が行います。
その「評価員」は建築士等であって、所定の講習過程を修了した、評価機関から選任を受けた者です。当事者ではない「第三者」なので客観的な評価結果が得られます。
※モデルルームは取得。その他のご希望された住戸の方にはオプション(有償)にて受付いたします。


現況検査では、外壁などに生じている「ひび割れ」、壁や天井の「漏水」などのあと(部位別、事象別の判定)について検査を行います。制度の調査・検査を通じて、リノベーションの方向性を定め、総合判定「A」(特定劣化事象等が認められない、という評価)を取得します。




「LiREFa」シリーズでは共用部も含めたリノベーション(大規模改修)を行い、お客様の大切な資産を守るため、新たな修繕計画を立てていきます。マンションの管理部門を担当するのは、グループ会社のリビングコミュニティ。
改修前の建物診断結果を基に、リノベーション後30年の「長期修繕計画」を作成しご提案いたします。定期的に修繕計画の見直しも行い、住まいの維持管理をお手伝いします。
工事時期の予測、どこをどのように修繕するのか、実情に合わせた計画を立案し、合わせて資金計画も検討いたします。
修繕工事を実施後、定期的に修繕計画の見直しをご提案いたします。


建物の状態を把握し、良好な状態を保持するためには、定期的な建物の調査・診断が欠かせません。調査・劣化診断を行い、的確に修繕計画に反映いたします。





※内容は変更が生じる場合がございます。予めご了承下さい

マンションの管理で重要なことは、所有者が共有する建物や敷地、付属設備等を守り良好な住環境を維持することです。共用部分の管理は、所有者全員で構成される管理組合で行われますが、管理業務の範囲は幅広く、専門的な管理・運営のノウハウが必要となります。そこで、グループ会社である株式会社リビングコミュニティが、日常的な管理業務から、理事会・総会の対応を含めた管理組合運営まで、マンション管理の全てをトータルでサポートいたします。




管理運営業務

年間管理計画に基づき、整備点検報告や組合活動の補助を行います。

会計業務

年間予算の管理のため、月次決算を行い、次期予算策定の準備や補助を行います。
また、管理組合へ月次報告書を提出いたします。

出納業務

管理費・積立金等の徴収・保管、諸費用の支払い、余剰金の保全・運営提案を行います。
また、未収金の確認・管理から督促、未収金対策の提案、収支状況の報告等を行います。
 

日常清掃

管理員、または清掃員により、エントランス、共用廊下、階段、エレベーター内、
ゴミ置き場、敷地の整理及び清掃業務等を行います。

定期清掃

共用部分/専門業者による共用部床面機械洗浄を行います。

エレベーター保守・消防設備点検、給排水・電気設備点検、共用設備巡回点検及び報告連絡業務を行います。
(定期的に報告書を管理組合に提出)



ページTOPへ

ページTOP