リリファ小倉台は千葉都市モノレール「小倉台」駅徒歩8分のリノベーションマンション

  • トップ
  • >
  • 稲毛区、中央区、若葉区の平均坪単価の比較

坪単価の違いは一目瞭然!

坪単価を見ればマンションの「安い」「高い」がわかる!


マンションを購入するとしたら、利便性の高いエリアで、
住み心地が良く、手の届きやすい価格の住まいを手に入れたいと
思う人は多いのではないでしょうか。

ファミリーイメージ

マンションの価格を比較する目安としてよく使われる「坪単価」。
坪単価とはマンション価格を1坪あたりに換算した数値のことです。
場所や広さ、価格がバラバラな条件に対して坪単価を
モノサシにすることで比べ安くなります。

千葉市の稲毛区、中央区、若葉区で販売中のマンションの
坪単価(畳2畳分、約3.3uあたりの価格)を見てみましょう。

エリア内の新築マンションとリリファ小倉台の平均坪単価の比較

エリア図:平均坪単価/稲毛区125.9万円・中央区175.8万円・若葉区85.4万円、専有面積/稲毛区73.14u・中央区78.21u・若葉区84.10u、平均価格/稲毛区2,786万円・中央区3,752万円・若葉区2,196万円

平均坪単価/稲毛区125.9万円・中央区175.8万円・若葉区85.4万円専有面積/稲毛区73.14u・中央区78.21u・若葉区84.10u平均価格/稲毛区2,786万円・中央区3,752万円・若葉区2,196万円
エリア別 平均坪単価 専有面積 平均価格
稲毛区 125.9万円 73.14u 2,786万円
中央区 175.8万円 78.21u 3,752万円
若葉区 85.4万円 中央区の約1/2 84.10u 2,196万円

リリファ小倉台は、専有面積が84u以上と広いうえに、
坪単価は稲毛区平均の約2/3、中央区の約1/2と、
価格の面でお得感があることがいえます。

ファミリーイメージ

稲毛区/Sマンション 中央区/Sレジデンス 若葉区/リリファ小倉台 との比較

※本情報はマーケティング会社(マーキュリー)により調査を行い、マンションサマリーに平成29年7月10日の時点で登録されている  新築分譲マンションの情報を基に集計をしたものです。 ※平均坪単価、専有面積、平均価格は情報集計時に登録されている物件の販売情報をもとに、各物件の平均値を算出したものです。現時点での販売状況・数値とは異なります。

「新築購入のメリットとデメリット」

新築のメリットは購入時未入居(だれも使ったことのないまっさらな状態のもの)を購入できることです。
しかし、中古マンションでも、構造躯体以外を刷新し、最新の設備や機能を備えれば、新築と住み心地や建物、 設備の性能の差は何ら変わることが無いといえます。
ところが、デメリットといえば、新築と中古では大きな違いがあります。
一番の違いは新築は中古に比べて資産価値の下落幅が大きいことです。
住宅は建物が完成したら、年を追うごとに資産価値の下落が始まりますが、 築20年も建てば、マンションは半値程になるのが相場です。 となれば、背伸びをして新築マンションを買うことは幸せなのでしょうか?

将来的な価値を考えた場合、新築同様にきれいになった
「リノベーションマンション」を選んでみるのもいいのかもしれない。

自分たちにとって手の届きやすい価格のマンションを購入することは…

リリファ小倉台でより良い人生のスタートを始めませんか。


資料請求
来場予約

ページTOP