リリファ八王子北野マンション

北野駅前のシンボル! 「コピオ北野」と「きたのタウンビル」


北野駅前のシンボル! 「コピオ北野」と「きたのタウンビル」


北野駅の周辺に住む人たちの生活に欠かすことができないのがコピオ北野です。

コピオ北野は北野駅北口を出た駅前の中心地に建物を構えている「きたのタウンビル」内に展開している商業施設で、 八王子北野エリアに住む方を対象に行ったアンケートでは「よく利用する場所」の1位に選ばれるほど有名なスポットとなっています。

今回はコピオ北野、そしてきたのタウンビルの概要と、建物内にあるテナントをいくつかご紹介していきたいと思います。

■きたのタウンビルについて

1988年に建てられた「きたのタウンビル」の商業施設部分は、開業以来何度か名称を変更しています。

きたのタウンビルは、はじめ「忠実屋フランツ北野店」の店舗として開業したのですが、1994年に忠実屋とダイエーが合併したことによって、店舗部分の名称を「ダイエー北野店」へと変えています。
その後、2005年11月にダイエー再建計画が実施されたため店舗は一時閉店され、現在は「コピオ北野」の名称で八王子北野エリアに住む人たちに親しまれているのです。

■きたのタウンビル内にはこんな施設が!

きたのタウンビルは地下1階から地上8階まであり、5階と6階の駐車場スペースを除いたフロアにはさまざまなテナントや施設が設けられています。
続いてはきたのタウンビル内にある施設の中で、代表的なものをいくつか紹介したいと思います。

・スーパーアルプス
きたのタウンビルの1階と地下1階部分には、東京、神奈川、埼玉の各都県に29店舗を展開している「スーパーアルプス」の北野店があります。
スーパーアルプスは食品と消耗雑貨を重点的に取り扱っており、特に食品部門では日本中のものづくりの名人たちと徹底的に話し合いをしながら開発をした 「スーパーアルプス自信の品」を目玉商品として売っています。

ちなみに経営元のスーパーアルプスは、コピオ北野の経営をしている企業でもあります。



北野駅前のシンボル! 「コピオ北野」と「きたのタウンビル」

・西部信用金庫 北野支店
スーパーアルプスのフロアを上った2階部分には、西部信用金庫の北野支店があります。
ショッピングセンターの中に銀行があると、わざわざ銀行に行くために移動をする必要がなくなるので便利ですよね。

・敬愛きたの保育園
3階にある敬愛きたの保育園は「社会福祉法人 敬愛学園」が運営する日本最大級の駅前認可保育所となっていて、通常の保育園としての業務に加えて、 お年寄りとの世代間交流や育児講座などの地域子育て支援事業を展開しています。

駅の近くにある保育園なので、忙しい働くママやシングルマザーの方にオススメとなっています。

・北野市民センター
7階の一部と最上階である8階には、サークル活動やレクリエーション活動などを通じて仲間作りを行う交流の場として作られた「北野市民センター」が置かれています。

・中央図書館北野分室
そして同じく7階の一部には、八王子市が運営する「中央図書館北野分室」があるので、ショッピングのついでに本の貸し借りをすることもできます。
中央図書館北野分室の会館時間は、午前10時から午後5時まで(水曜日は午後7時まで)となっています。

大型商業施設が並ぶ八王子駅に比べると駅前の規模は小さいですが、北野駅にもこのような便利な商標施設があるのです。
八王子市内へ引越しをお考えの方は、ぜひ北野駅周辺での新生活を検討してみてはいかがでしょうか。



ページTOP